薬剤科

薬剤部

薬剤科

当院の薬剤部は、薬の専門家として、「薬あるところ薬剤師あり!」をスローガンに掲げ、業務を行っています。「クスリはリスク」といわれるように、「薬」は使い方を誤ると逆に「害」となることがあります。そのため薬剤部では、購入から施用後まで薬が関わる全ての場面に目を光らせ、安全かつ適切な薬物療法が行なわれ、患者さんのQOL(quality of life)を改善するためのマネジメントを行うことを職務としています。

 薬剤部の基幹となる業務は、患者さんの内服薬・注射薬を処方せんに基づき調剤することです。さらに、入院患者さんのベッドサイドにお伺いし、薬の効果・飲み方など、薬を正しく服用して頂けるよう説明し、ご相談にも応じています。同時に、薬の効果や副作用の確認も行っています。こうして得られた情報や、検査データ、他のスタッフからの情報等を分析し、患者さんが服用しているお薬の効果・副作用などを総合的に評価し、薬物療法が最適に行われるためのマネジメントを行っています。 また、上記の業務の一環として、薬剤師が病棟に常駐し、薬物療法の有効性・安全性の向上に資する業務を実施しています。

薬に関する様々な情報を収集し、一元管理を行うことも、薬剤部の仕事です。薬は、個々の薬に付随している作用・副作用・投与量などの情報がないと、ただの化合物でしかなく、上手に使いこなすことは困難です。そのため、最新の使い方・エビデンスや副作用等の様々な情報を医薬品情報管理室で収集し、整理・加工した後に必要とする部門に提供され、薬物治療を支えています。

薬剤部ではこの他にも、「院内感染制御チーム(ICT)」や「栄養サポートチーム(NST)」、「認知症サポートチーム委員会(DST)」「医療事故防止対策委員会」等、数多くの医療チームに、薬剤師がメンバーとして所属しています。こうして、薬の専門知識を生かしながら、他の医療スタッフと連携をとりつつ、ベストな薬物治療が提供できるよう、日々活動しています。