回復期リハビリテーション病棟

■回復期リハビリテーション病棟とは?
脳血管疾患、大腿骨・骨盤等の骨折、胸腹部手術などの急性期治療を終えて症状が安定した患者さんに対し、集中的にリハビリテーションを行います。当院では、日常生活動作能力の向上、寝たきり防止のため、訓練室だけでなく、病棟においてもさまざまなリハビリ治療を集中的に行い、在宅復帰をめざします。また、入院中に自宅の様子をうかがい、患者さん一人ひとりの自宅での生活を想定した日常生活動作の実際的な訓練を行うことで、退院後も安全に生活できることをめざしていきます。さらに、院外の外出訓練も積極的に実施しており、在宅復帰後の社会適応能力の向上を図ります。退院後、患者さん・ご家族が安心して在宅生活を送るために、地域において継続した医療、サービスを受けられるよう、スタッフ全員がひとつのチームとなってサポートさせていただきます。

HP_kairiha