採用情報

看護部 看護師 C.Hさん

看護部 看護師 C.Hさん

確実な知識技術を持って患者さまや
その家族の方をケアしていけるようになりたい

interview_ns_c_h.jpg

看護師 C.Hさん

広島県福山市出身
福山平成大学卒

昔から看護師という仕事に憧れをもっていて、看護師について色々考えて学校選びなどをしていました。でもその時はまだその憧れがあいまいでした。それがはっきりと看護師の道を志すきっかけになったのがおじいちゃんの入院でした。ICUから一般病棟にうつって療養することになった際に、看護師のおじいちゃんへの関わり方や私たち家族に対するケアを見たりするなかで「これもいいけれど、私だったらもっとこんな事をしてあげたいな」と考えるようになりました。それでより強く看護の道に進みたいと思うようになりました。

Q.当院に就職を志望したきっかけを教えてください。

A.地元は福山なので、初めは当院のことを知りませんでした。病院の合同説明会でたまたま出会って、興味を持ち、病院説明会にも伺いました。当院に母校の先輩がいらして、お話しを聞いて先輩が「充実して働いている」と感じて当院を志望しました。

Q.当院の新人看護師への教育はどうですか?

A.初めはプリセプターについてもらって指導を受け、そこからだんだん自立していきます。自分の中で不安なことは、一緒に指導してもらえます。また、先輩は仕事面だけでなく、私生活や健康面も気にかけて下さって、すごく頼りになる存在です。

Q.当院に入職されて1年が経ちましたが、日々の業務の中で何か印象的だった事はありますか?

A.この一年で色々なことがありました。死後処置をしたことも、自分の受け持った患者さまが退院していく姿を見送ったのも印象に残っています。患者さまの入院から退院までの一連の流れを看させてもうなかで、退院後の施設やサービスを受けるにあたっての必要な知識であったり、家族に対する指導であったりを経験させてもらえたのがすごく良い勉強になったなぁと思っています。

Q.最後に、どんな看護師になりたいですか?

interview_ns_c_h2.jpg

A.自分の中でなりたい看護師像というものはありますが、実際に働いてみると理想の看護師になるためには技術も知識も必要で、「大前提にそれがないと看護ってできないなぁ」と感じています。日々患者さまの状況も変わるので、ひとつひとつ学びながら確実な知識技術を持って患者さまやその家族の方をケアしていけるようになりたいです。