当院について

看護部 教育研修制度

看護部 教育研修制度

教育理念

●科学的根拠に基づいた専門的知識・技術を身につけた看護師を育成する。
●豊かな感性を持ち、看護倫理に基づいた行動がとれる看護師を育成する
●専門職として主体性を持って、能力を開発、維持・向上できるように、自律した看護師を育成する
●地域・社会のニーズに応えられる専門職業人として個々の能力を発揮できる看護師を育成する

教育目的

●科学的根拠に基づいた看護実践能力を育成する
●看護倫理に基づいた行動がとれるように人間性豊かな感性を育む
●専門職として主体性・自立性を持ち、自律的行動がとれる看護師を育成する
●専門職として時代の変化に対応できるための主体的学習を支援することで、質の高い看護サービスを提供できる看護師を育成する

教育目標

●患者中心の看護を実践できる看護師の育成
●対象の生命、人格、人権の尊重を行動の基本とできる看護師の育成
●組織の一員として役割を遂行できる看護師の育成
●主体的に看護に取り組む、自律した看護師の育成
●自主的に自己実現に取り組むことができる看護師の育成

kyouiku_1.jpg

キャリアラダー

当院の教育プログラムは新人看護職員研修とキャリアラダーコースで構成されています。一人ひとりの看護師が課題を見据え、自身のライフプランを大切にしながら理想とする看護師像に向けて研鑽できるように支援しています。

新人研修

職場内教育(OJT)・プリセプター&屋根瓦方式

当院の看護方式は、「固定チーム継続受け入れ制」で、病棟ごとに2~3チームを有しています。各チームとも、基本的に卒後4年目の看護師がプリセプターを担当し、プリセプティとプリセプターをマンツーマンで指導、支援してくれています。厳しさの中にも思いやりのある先輩たちが、プリセプティの1年間が充実したものになるように常に関心を向けてくれているので、プリセプティ・プリセプターともに毎年大きく成長することができます。

更に、屋根瓦方式の教育体制によって、スタッフみんなが新人を育てることにも力をいれています。 新人看護職員が、職場早く適応できるようになるためには、精神面・スキルの両方が必要になります。チューターからの精神的な支援を受け、スキルサポーターを中心に基本的な看護技術や社会人・専門職業人としての基本姿勢・態度を実践を通して学びます。

また、毎年、部署を超えての親睦を図るため、プリセプティ、プリセプター、アシスト、主任、師長が参加する「親睦会」を開き、和気あいあいとし雰囲気の中で、他病棟の先輩方と楽しくコミュニケーションを図っています。

私の成長ファイル

入職時には「私の成長ファイル」をお渡ししています。
個人の目標設定や、看護部・病棟内での役割を記録し、「ファイル」を活用しながら、個人のキャリアを継続してフォローアップしていきます。

教育の特徴

シュミレーター研修

新人教育やステップ研修の際にシミュレーターを使用しています。これによりさらに実践的な看護を学ぶことができます。