5F(医療療養病棟)

看護部

5F(医療療養病棟)

5階病棟は、急性期での治療が終えた後も、長期間医療を必要とされる患者さんが入院される病棟です。“元気はつらつ”をモットーに看護・介護を提供しています。最近では、がん終末期の緩和ケア、中心静脈からの点滴、褥瘡の処置、経管栄養管理など医療処置の多様化に対応しています。また、寝たきりの患者さんに対しても日常生活の援助や季節に合った催しを行い、療養環境の質向上に努めています。毎日のカンファレンスで出た議題を患者さん毎に記録に残し、情報共有の為に役立てています。

5F
個々の患者さんのニーズをとらえ、穏やかな療養生活を送ることができるよう、患者さん1名に対して、看護師・介護福祉士各1名が担当となり看護・介護を提供しています。退院後の生活を考え、医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・MSW・管理栄養士・病棟クラークなどの多職種による援助を行い、在宅介護・施設退院へのお手伝いをしています。