食べる楽しみを取り戻す

認定

室井 恵美

2014年7月認定取得  摂食・嚥下障害看護 認定看護師

摂食・嚥下障害のある患者のQOL向上を目指し、個別性・専門性の高い看護を実践します。また、摂食・嚥下障害看護の専門的知識と実践能力を基盤として看護スタッフの指導・相談を行います。

muroi

摂食・嚥下障害看護認定看護師として、患者さんやご家族の「食べたい」「食べさせてあげたい」という願いに応えられるよう、専門的知識や技術を用いてサポートしています。週2回の活動日以外は、病棟で看護業務を行っています。そのため、摂食嚥下機能評価や摂食訓練に十分な時間を確保することは容易ではありませんが、言語聴覚士(ST)や病棟スタッフと協力し、目標に向かって努力を続けています。「食べる」ことは、人間本来の欲求であり、その人の人生を大きく左右することと考えています。また、私の尊敬する先生は、「食」は「人を良くする」と述べられています。「食べたい」思いを叶えるため、適切な時期に、適切な手技で評価を行うことで、口から食べる可能性を広げていきたいと考えています。